TOEIC PART5 練習問題211-220

問題211

If you have any questions about the internal network, please ask ——– Ms. Kawasaki or Mr. Miyamoto in the IT department.

(A) both
(B) either
(C) not only
(D) neither

1.選択肢を確認して問題のタイプを見分ける。

選択肢すべて相関接続詞関連なので「相関接続詞問題」と考えられます。ペアとなる単語を見つけましょう。

2.解答のポイントを絞り込んで正解を選ぶ。

【注目すべき語句】

If you have any questions about the internal network, please ask ——– Ms. Kawasaki or Mr. Miyamoto in the IT department.

空所の前が動詞ask、後ろがMs. Kawasaki or Mr. Miyamoto と A or Bの形になっています。したがってeither A or Bと考えられ、(B) eitherが適切です。

主な相関接続詞

either A or B                      「AかBのどちらか」
neither A nor B                  「AもBもどちらも~ない」
both A and B                      「AもBも両方~」
not only A but (also) B       「AだけでなくBも」

この問題は空所の前後を中心に見て判断できる問題で、全文の意味を考える必要のない「部分読み問題」となります。

【問題文意味】

社内ネットワークについての不明な点は、IT部門のKawasakiさんかMiyamotoさんに聞いてください。

【単語等】

・department(部門)

問題212

——– of the travel magazines published by Paterson Magazine Corporation are ordered online.

(A) Almost
(B) Each
(C) Much
(D) Most

1.選択肢を確認して問題のタイプを見分ける。

選択肢を見ると、Each、Much、Mostなどが入っているので「数量形容詞・代名詞問題」と考えられます。数量代名詞に続く名詞が可算、不可算であるか、可算の場合、単数か複数かについて確認します。

2.解答のポイントを絞り込んで正解を選ぶ。

【注目すべき語句】

——– of the travel magazines published by Paterson Magazine Corporation are ordered online.

空所の後ろのof以下の名詞句が可算名詞で複数のthe travel magazines(旅行雑誌)。動詞がareなので主語は複数になります。したがって(D) Most(ほとんど)が適切です。

(A) Almostは副詞なので、代名詞にはなれません。

(B) Each の直後に可算名詞がくる場合は、単数になります。Each of theの後は可算名詞の複数が来ますが、【Each of the + 可算名詞の複数】全体では単数扱いになります。この問題では動詞がareなので主語は複数である必要があります。

○ Each of the travel magazines is …

× Each of the travel magazines are …

(C) Muchは不可算名詞を一緒に使われます。【Much + 不可算名詞】または【Much of the + 不可算名詞】になります。

この問題は空所の数量代名詞の後の名詞が可算名詞の複数であることと動詞を確認すれば判断できるので「部分読み問題」となります。

【問題文意味】

Paterson Magazine Corporationが出版する旅行雑誌のほとんどはオンラインで注文される。

【単語等】

・publish(出版する)

問題213

Ms. Bai ——– her part-time employment contract with the bookstore where she is currently working for 12 months.

(A) extend
(B) has extended
(C) extending
(D) will be extended

1.選択肢を確認して問題のタイプを見分ける。

選択肢を見ると、さまざまな時制で能動態、受動態の動詞があるので「能動態・受動態・時制に関する動詞問題」と考えられます。最初に文全体の述語動詞を確認しましょう。

2.解答のポイントを絞り込んで正解を選ぶ。

【注目すべき語句】

Ms. Bai ——– her part-time employment contract with the bookstore where she is currently working for 12 months.

まず、文全体の述語動詞を確認しましょう。be動詞isがありますが、これは関係副詞whereの中の動詞です。したがって他に述語動詞がないので、空所に述語動詞が入ることがわかります。選択肢のうち、述語動詞に慣れるのは、(A) extend(延長する、現在形)、(B) has extended(現在完了形)、(D) will be extended(受動態の未来形)の3つです。

主語はMs. Bai、目的語がher part-time employment contract(パートタイムの雇用契約)です。Ms. Bai(Baiさん)がher part-time employment contract(パートタイムの雇用契約)を「延長する」という能動態の関係になりますので、受動態の(D) will be extendedを除きます。

残った2つですが、主語は三人称単数なので、現在形の場合、動詞にsがつきますが、(A) extend(現在形)にはsがついていません。残った現在完了形の(B) has extended(延長した)が適切です。

【問題文意味】

Baiさんは、現在勤務している書店とのパートタイムの雇用契約を12か月延長した。

【単語等】

・employment(雇用)
・contract(契約)
・currently(現在)

問題214

Construction is scheduled for tomorrow in the Hudson district on Route 103, so ——– are encouraged to bypass that area.

(A) commutes
(B) commuting
(C) commuters
(D) to commute

1.選択肢を確認して問題のタイプを見分ける。

選択肢を見ると、似たようなスペルなので「品詞問題」と判断できます。空所の前後を見て判断できるものが多いので前後を確認しましょう。

2.解答のポイントを絞り込んで正解を選ぶ。

【注目すべき語句】

Construction is scheduled for tomorrow in the Hudson district on Route 103, so ——– are encouraged to bypass that area.

空所の前後を見ます。空所の前が接続詞so、後ろがare encouraged to bypass that areaと続きます。空所は主語でかつ、areの前なので可算名詞の複数となります。候補は(A) commutes(動詞もあるがここでは名詞と考えcommute「通勤」の複数形)、(B) commuting(動詞commuteの-ing形の場合、「通勤すること」、名詞の場合「通勤」)と(C) commuters(commuter「通勤者」の複数形)の3つです。

are encouraged to bypass that area(そのエリアを迂回するように推奨されている)の主語は人なので、(C) commuters(commuter「通勤者」の複数形)が適切です。

品詞問題で名詞を選びたい時で選択肢に名詞が2つ以上ある場合は、意味を考える必要があります。2つ名詞の場合、ひとつが「人」に関する名詞、もうひとつが「人以外」に関する名詞がよくあるパターンです。

【例】 use(使用)とuser(ユーザー)、assistance(支援)とassistant(アシスタント)、expert(専門家)とexpertise(専門知識)、employment(雇用)とemployee(社員)、visit(訪問)とvisitor(訪問者)

TOEICパート5の品詞問題は、空所の前後を見て判断できる問題が多いので、まずは前後を見ましょう。前後を見て解ける問題は、短時間で終えてパート7に時間を残しましょう。

この問題は前後を中心に見て判断できるので全文の意味を考える必要のない「部分読み問題」となります。

【問題文意味】

Route 103のHudson地区で工事が明日予定されているので、通勤者はその地区を迂回することが推奨されている。

【単語等】

(D) to commute(動詞commute「通勤する」のto不定詞)
・district(地区)
・encourage(推奨する)
・bypass(迂回する)

問題215

We will be meeting tomorrow with the keynote speaker ——– spoke at the renewable energy conference yesterday.

(A) whoever
(B) what
(C) who
(D) whenever

1.選択肢を確認して問題のタイプを見分ける。

選択肢を見ると、さまざまな関係代名詞があるので「関係代名詞問題」と判断できます。

2.解答のポイントを絞り込んで正解を選ぶ。

【注目すべき語句】

We will be meeting tomorrow with the keynote speaker ——– spoke at the renewable energy conference yesterday.

空所の前後を見ます。空所の前がthe keynote speaker (基調演説者)、後ろが動詞spoke 。先行詞が人で動詞が続くので、(C) whoが適切です。

関係代名詞:人が先行詞で主格の場合はwho

※参考までに

・whoeverはanyone who(~する人はだれでも)

・whatはthe thing(s) which(~すること)

で先行詞の働きを含んでいます。

この問題は空所で判断できるので全文の意味を考える必要のない「部分読み問題」となります。

【問題文意味】

我々は昨日の再生可能エネルギーの会議で講演した基調演説者と明日面談することになっている。

【単語等】

(D) whenever(~するときはいつでも)
・keynote speaker (基調演説者)
・renewable energy(再生可能エネルギー)
・conference(会議)

問題216

The CEO mentioned ——– to build a manufacturing plant in Southeast Asia, but it is expected to take some time.

(A) planner
(B) has been planed
(C) planed
(D) plans

1.選択肢を確認して問題のタイプを見分ける。

選択肢を見ると、動詞のさまざまな形と似たようなスペルの選択肢なので「品詞・動詞問題」と判断できます。空所の前後を見ていきましょう。

2.解答のポイントを絞り込んで正解を選ぶ。

【注目すべき語句】

The CEO mentioned ——– to build a manufacturing plant in Southeast Asia, but it is expected to take some time.

空所の前後を見ます。空所の前が動詞mentioned、後ろがto build a manufacturing plant(製造工場を建設する)で不定詞が続きます。mentionは他動詞なので目的語が必要で空所には目的語になれる名詞が入ると考えられます。名詞は(A) planner(立案者、計画者)と(D) plans(plan「計画」の複数形)の2つになります。

to build以下と合わせて考えると、plans to build a manufacturing plant(製造工場を建設する計画)とするのが適切なので、(D) plans(plan「計画」の複数形)を選びます。

品詞問題の基本公式: 他動詞の目的語は名詞(句)

TOEICパート5の品詞問題は、空所の前後を見て判断できる問題が多いので、まずは前後を見ましょう。前後を見て解ける問題は、短時間で終えてパート7に時間を残しましょう。

この問題は前後を中心とした前半のみで判断できるので全文の意味を考える必要のない「部分読み問題」となります。

【問題文意味】

CEOは、東南アジアに製造工場を建設する計画について言及したが、実現には時間がかかると予想されている。

【単語等】

・manufacturing(製造)
・plant(工場)
・expect(予期する、予想する)

問題217

The North Forest Inn offers laptop computers for guests to borrow and also provides free Internet access service in ——– room.

(A) most of
(B) all
(C) each
(D) several

1.選択肢を確認して問題のタイプを見分ける。

選択肢を見ると、most、all、eachなどが入っているので「数量形容詞問題」と考えられます。数量形容詞に続く名詞が可算、不可算であるか、可算の場合、単数か複数かについて確認します。

2.解答のポイントを絞り込んで正解を選ぶ。

【注目すべき語句】

The North Forest Inn offers laptop computers for guests to borrow and also provides free Internet access service in ——– room.

空所の前が前置詞in、後ろが可算名詞の単数のroom(部屋)。可算名詞の単数の前における選択肢は、(C) each(それぞれ)のみでこれを選びます。

(A) most of(ほとんど)  the を加えてmost of the + 可算名詞の複数、またはmost of the + 不可算名詞

(B) all(すべて)は可算名詞の複数、または不可算名詞

(D) several(いくつか)は可算名詞の複数

この問題は空所の数量代名詞の後の名詞が可算名詞の単数であることから判断できるので「部分読み問題」となります。

【問題文意味】

North Forest Innではお客様にノートパソコンの貸し出しをしており、また各部屋に無料のインターネット接続サービスを提供しています。

【単語等】

・laptop(ノートパソコン)
・offer(提供する)
・provide(提供する)

問題218

All prototypes must undergo ——– tests before proceeding to the next stage of development.

(A) outdated
(B) preliminary
(C) picturesque
(D) congested

1.選択肢を確認して問題のタイプを見分ける。

選択肢がすべて形容詞なので「語彙問題」と考えられます。空所の前後を中心に見ていきましょう。

2.解答のポイントを絞り込んで正解を選ぶ。

【注目すべき語句】

All prototypes must undergo ——– tests before proceeding to the next stage of development.

空所の前が主語All prototypes(すべての試作品)と助動詞・動詞のmust undergo(受けなければならない)、後ろが名詞tests(テスト)。選択肢の中で合うのは、(B) preliminary(予備の)です。

preliminary tests(予備テスト)をundergo(受ける)になります。

この問題は空所の前後を中心に見て判断できる問題で、全文の意味を考える必要のない「部分読み問題」となります。

【問題文意味】

次の開発段階に進む前に、すべての試作品は予備テストを受けなければならない。

【単語等】

(A) outdated(時代遅れの)
(C) picturesque(絵のように美しい)
(D) congested(混雑した)
・proceed(進む)
・stage(段階)
・development(開発)

問題219

After thorough review, the budget for next year’s product development has been divided ——– among the three projects.

(A) even
(B) evened
(C) evenly
(D) evenness

1.選択肢を確認して問題のタイプを見分ける。

選択肢を見ると、似たようなスペルなので「品詞問題」と判断できます。空所の前後を見て判断できるものが多いので前後を確認しましょう。

2.解答のポイントを絞り込んで正解を選ぶ。

【注目すべき語句】

After thorough review, the budget for next year’s product development has been divided ——– among the three projects.

空所の前後を見ます。空所の前が動詞で現在完了の受動態has been divided(分けられた)、後ろが前置詞among(~の間で)。したがって、空所にはbeen dividedを修飾する副詞の(C) evenly (均等に)が適切です。

品詞問題の基本公式: 【be動詞】+【-ed形(過去分詞)】+【副詞】

TOEICパート5の品詞問題は、空所の前後を見て判断できる問題が多いので、まずは前後を見ましょう。前後を見て解ける問題は、短時間で終えてパート7に時間を残しましょう。

この問題は前後を中心に判断できるので全文の意味を考える必要のない「部分読み問題」となります。

【問題文意味】

来年の製品開発予算は、十分に検討された結果、3つのプロジェクトに均等に分配された。

【単語等】

(A) even(形容詞:均一な、副詞:~でさえ、動詞:平らにする)
(B) evened(動詞evenの過去または過去分詞)
(D) evenness(名詞:均一、均等)
・thorough(徹底的な)
・review(再検討)
・divide(分ける)

問題220

Users of the DXL303 monitor can adjust the brightness of the monitor according to ——– preferences.

(A) them
(B) they
(C) themselves
(D) their

1.選択肢を確認して問題のタイプを見分ける。

選択肢を見ると、主格、所有格、目的格などがあるので「代名詞問題」と判断できます。

2.解答のポイントを絞り込んで正解を選ぶ。

【注目すべき語句】

Users of the DXL303 monitor can adjust the brightness of the monitor according to ——– preferences.

空所の前後を見ます。空所の前が前置詞to、後ろが名詞のpreferences (好み)。名詞preferencesの前には所有格の(D) their(彼らの)が適切です。

代名詞問題は簡単なものが多いので取りこぼしのないようにしたいところです。

この問題は前後で判断できるので全文の意味を考える必要のない「部分読み問題」となります。

【問題文意味】

DXL303モニターのユーザーは、好みに合わせてモニターの明るさを調整することができます。

【単語等】

・monitor(モニター)
・adjust(調整する)
・brightness(明るさ)
・according to(~によれば)
・preference(好み)

Follow me!